So-net無料ブログ作成
プチ家出とひきこもり ブログトップ
前の5件 | -

帰ってきたガッツキ王子 [プチ家出とひきこもり]

籐カゴベッドから外に出て過ごすことも増えてきたものの、
依然、食事は籐カゴベッドからという王子しんのすけ。
64-4.jpg

飼い主が台所で音を立て出すと、そろそろ食事の時間だと察するらしく、
(彼の勘違いの事も多々あるのだが)
籐カゴベッドに入って、
準備OK! 早く餌場に運んでニャー
と、鳴く。
67-0.jpg


先日も飼い主が台所で夕飯の仕度をしていると、
籐カゴベッドに入ったしんが、ニャーニャー鳴き出した。
夕飯には、30分は早い。
なので、そのまま放置して、夕飯の仕度をしていた。
意外となきやまない。
そのうち、声がだんだんと大きくなってきた。

あれ?

振り返ると、そこには・・・

67-1.jpg

たいそうご立腹のご様子の王子しんのすけが…

67-2.jpg

腹すかしの余り、籐カゴベットを出て抗議に台所まで来たようだ。
やれば出来るじゃん!


その後、餌場の皿にカリカリを出すと、
籐カゴに入らず、自分で歩いて行って食べだした。
67-3.jpg

これ以降しんのすけは籐カゴに入らなくても食事ができるようになった。


・・・のだが、それと同時に、
旺盛な食欲と食物を得るための活発な行動も復活したのであった。

こうして飼い主とガッツキ王子との戦いが再び幕を開けたのである。・・・(⌒-⌒; )



帰ってきたガッツキ王子にクリックお願いします
eating1.gif

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

裏表のある猫 [プチ家出とひきこもり]

65-2.jpg
プチ家出事件から1カ月半。
依然、一日の大半を籐カゴベッドで過ごしている「引きこもり猫」しんのすけである。
59-1.jpg

籐カゴの外に出るときも、身を低くして「ぬき足、さし足、忍び足」って感じのスローな動きで、
まるで年寄り猫のようである。
まだ、1歳半なんですけど・・・(; ̄ー ̄)...ン?

食事も背後に不安を感じるようで、籐カゴベッドの中からでないと食べない。
58-3.jpg

昼食時間に掛って外出する時には、お皿に餌を用意して出かけるのだが、帰ってきた時にはお皿はカラッポになっている。
なので、ちゃんとカゴの外で食事できるんだよね。
誰もいなければ・・・って、
背後に不安を感じるのは飼い主のせい?・・・Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!


そう誰も家にいないと・・・結構活発に活動しているようなのである。
昨日も外出から戻って車庫入れした直後、
曇りガラスの向こうをさーっと横切る白い影を目撃した。
ガラスの向こうは籐カゴベッドを置いてある部屋である。

飼い主が玄関を入ると、籐カゴベッドの中から
「みゃー(ひとりで留守番は怖かったよ~)」
*( )内は飼い主の勝手なアフレコです。
65-3.jpg
と鳴くのだが・・・さっきの影でバレてるから、君が暗躍していたのは。



暗躍するしんたんにクリックお願いします
in3.gif
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

しんたん半分復帰? [プチ家出とひきこもり]

幻の猫を目撃
64-0.jpg
・・・そんな気分です。

この数週間、しんのすけは籐カゴにひきこもり
・・・というよりは、立てこもり?状態で
籐カゴベッドから外に出るのはトイレの時だけ。
しかも猫トイレの前まで籐カゴで送り迎え付きだし・・・
64-1.jpg

3度の食事とトイレの時以外うちに猫がいることを忘れてしまうほど。

そのしんのすけが、暖かい日差しに誘われたのか、
籐カゴから出て、部屋の真ん中でくつろいでいました。
64-2.jpg

しんたん、完全復帰なるか?

・・・と期待しましたが、

64-4.jpg
食事はやはり籐カゴの中からでした。|||l_| ̄|○l|||


完全復帰への道は、まだ遠い€=(´Д`)



完全復帰の第1歩を踏み出した?しんたんにクリックお願いします
in3.gif

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

介護猫 [プチ家出とひきこもり]

する方では、ありません。
介護される方です。


食事の時間になると、カゴに入り、餌場まで運んでもらう。
58-3.jpg


トイレも行きは自分で行くのに、終わると、「迎えに来てにゃー」と、カゴを呼ぶ。
62-2.gif








あんた、なに様?! \(*`∧´)/ ムッキー!








62-3.jpg

そうでした・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン




どや顔な王子にクリックお願いします
sofa3.gif

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

広場恐怖症の猫? [プチ家出とひきこもり]

↓うちのカゴ入り息子
59-1.jpg


プチ家出から帰還して、かれこれ半月あまりが経過した今も、
しんのすけは庭に出ないばかりか、
相変わらずカゴの中から食事をしている。

しかも、ソファの上にいても食事の時間にはカゴに入り、餌場まで飼い主に運んでもらうのである。
5kg超のしんのすけの体重にこのカゴの取っ手がいつまで耐えられるか不安である。
59-2.jpg


この閉所恐怖症の逆みたいな、
広い所に恐怖を感じる症状を広場恐怖症と呼ぶらしい。
人間の場合の話だが。

広場恐怖症の猫?

聞いたことない。
ぐぐってみるが、そんな猫のことを書いてあるページは無し。


でも、それ以上にあり得ないと思うのは、

閉所恐怖症の猫

猫って、箱の中とか狭くて暗い所好きだものね。
でも、ぐぐったところ、「閉所恐怖症の猫」は意外にヒットした。
わからないものである。(⌒-⌒; )


↓久しぶりにカゴから出て台所に復帰したしん。
59-3.jpg
広場恐怖症だから?出没場所は冷蔵庫と棚の隙間。




台所復帰を果たした?しんたんにクリックお願いします
IN.gif



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の5件 | - プチ家出とひきこもり ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。